ABCレンタルサーバーサーチ

専用サーバーと共用サーバーの違い

専用サーバーと共用サーバーの違い

専用サーバーのサービスでは、サーバーマシンをまるまる一台借りて利用することが可能です。
それに対して共用サーバーのサービスでは、一台のサーバーを複数人で共有します。
共有人数は、数人〜200人程度まで、サービスにより様々です。

専用サーバーは、一台のサーバーを独り占めできるため、共用サーバーに比べて、高い性能を発揮することができます。
また、利用についての制限事項(高負荷CGIの禁止など)が少ないことも特長です。
ただし、共用サーバーに比べて、費用が高くなってしまいますし、多くの場合、ある程度のサーバー運用に関する知識が必要です。

共用サーバーは、複数人で共有する分、発揮できる性能に制限が生まれますが、費用も分担することになるため、費用が安くなり、また、管理はサーバー業者が行うため、特別な運用知識がなくとも利用できます。

レンタルサーバー基礎知識 一覧