ABCレンタルサーバーサーチ

レンタルサーバーとハウジングの違い

レンタルサーバーとハウジングの違い

レンタルサーバーとは、サーバー業者が所有している共用サーバーや専用サーバー、仮想専用サーバー(VPS)といった、サーバーを貸りてインターネットに接続するサービスのことをいいます。

ハウジングはレンタルサーバーと根本的に異なり、サーバーをレンタルするのではなく、ユーザーが所有しているサーバーを預かってインターネットに接続するサービスのことをいいます。

レンタルサーバーには、サーバー管理専用の安全性の高い施設(参照:IDCとは)に設置してあるサーバーを貸し出している場合と、オフィスや自宅で管理しているサーバーを貸し出している場合があります。
レンタルサーバーを借りる際は、サービス面で優れているIDCに設置しているレンタルサーバーの方が様々な点においてメリットがあります。

ハウジングの場合は、このIDCに自身のサーバーを預けることができます。
自社や自宅において自身でサーバー管理を行うよりも安全性が高く、サーバーや機材を自身で選ぶことができるというメリットがあります。
また、サービス内容も様々でセキュリティー強化に力を入れているハウジング業者も多々あります。
ハウジングは、コロケーションサービス(collocation service)ともいいます。

レンタルサーバー基礎知識 一覧