ABCレンタルサーバーサーチ

SSLとは

SSLとは

SSLとは、Secure Socket Layerの略で、データを暗号化して通信する仕組みを指します。

通常のサイトには必要ありませんが、SSLが意味を持つのは、サイト中にフォームで重要な個人情報やクレジットカードの番号などを送信するページが存在する場合です。
特に、ショッピングサイトなどには必須といえるでしょう。

SSLは日本ベリサイン、セコムトラストネットなどの業者と契約して実現するものですが、レンタルサーバーによって

1.一切使用できないもの
2.別途ベリサインなどと契約して実現できるもの
3.レンタルサーバー会社が持っているSSL領域を無料または少額の追加料金で使えるもの

の3種類が存在します。
ベリサインなどの業者との契約は高額(ベリサインの場合81000円〜〔2002年8月現在〕)になる場合が多いので、費用面では3番目のケースがお得です。

なお、SSLについてのより詳しい説明やサービス案内は、日本ベリサインのサイトやセコムトラストネットのSSL関連のページなどで解説されています。

レンタルサーバー基礎知識 一覧