ABCレンタルサーバーサーチ

仮想専用サーバー“VPS”とは

仮想専用サーバー“VPS”とは

手軽に始められる共用サーバー(レンタルサーバー)でありながら、専用サーバー並みの機能が使用できる仮想専用サーバーのことをVPSといいます。

共用サーバーとは複数人で共有するサーバーのことで、発揮できる性能に制限が生まれますが、費用も分担することになるため、費用が安くなり、また、サーバーの管理はサーバー業者が行うため、特別な運用知識がなくとも利用できます。

一方、専用サーバーは1人で1つのサーバーを使うことができるので自由度が高いですが、共用サーバーよりも費用が割高になります。
また、サーバーの管理も自身で行うので、運用知識が必要です。

VPSの場合、共用サーバーと同じくセキュリティーはサーバー業者が行うため安全性が高く、専用サーバーと同じくルート権限が与えられるので、ユーザーは自分の与えられた領域を好きに設定することが可能です。
ルート管理者権限がないとインストールできないアプリケーションなども利用できます。
つまり、VPSは共用サーバーと専用サーバーの良い所をあわせ持ったサーバーということです。

専用サーバー並みの機能でありながら、サーバーは共用なので共用サーバー並みの価格で利用できることも魅力のひとつです。
試用期間があるところも多く、無料で気軽に試すことができます。
低価格で自由度の高いサーバーであるVPSは今後も普及していくでしょう。

レンタルサーバー基礎知識 一覧